Lypo TOSA糖鎖情報館

神津健一情報館を一新し、糖鎖やレシチン研究を中心に
予防医学や代替医療の最新情報をお届けします。

お問い合わせ
糖鎖情報館 > 体験談 > パーキンソン病の妻の驚くべき回復

パーキンソン病の妻の驚くべき回復

※ここに紹介する内容は、医療法人社団・一友会「ナチュラルクリニック代々木」で扱った患者さんの実証報告です。

【パーキンソン病の妻の驚くべき回復  東京都大田区 H・T 男性(85歳)】

私の家内(80歳)はパーキンソン病です。歩行は困難で、赤ちゃんの歩行の如く「ヨチヨチ歩き」で、手押し車を使って何とか歩いている状態です。また手の震えもあり、高齢でもあるので、腰痛をはじめ膝の痛みなどの苦痛を訴えることも多く、気持ちが塞ぎがちでした。そんな家内を介護している私自身も85歳という高齢であり、気分は暗くなり、精神的にも辛い日々を過ごしていました。

そんなある日、家内に食べさせてみてはどうかと、友人からK・リゾレシチンのグミタイプとマルチビタミンを頂きました。本人も試してみたいとのことでしたので、帝京大病院から頂いていたパーキンソン治療の薬を飲むことを止め、早速翌日から毎食間にK・リゾレシチン5粒、マルチビタミン3粒を摂り始めました。

TV1週間程すると、それまでは何となく見ていたテレビを自分から「見たい」という気分になってきたと言い、とても楽しんで観るようになりました。また、気分が良くなってきたせいか、従来より明るくなり笑顔も見られるようになりました。2週間ほど過ぎると、食事が3度とも美味しく頂けるようになり、その上、よく食べるようになりました。

1ヶ月もすると、それまで1週間のうちに3~4回、夜中の12時を過ぎると、突然変な声で唸ったり怒ったような大声を出していたものが、ピタッと止まりました。2ヶ月を過ぎる頃には手の震えは知らず知らずのうちに止まっていました。

食べ始めてから半年たった現在では、体調も良く、気分も晴れやかになって、妻が若々しくなってきたようです。私も妻と一緒にK・リゾレシチンとマルチビタミンを食べていたためか、体調も良く、精神的に落ち込むこともなくなってきました。妻はもちろんですが、私も含め、あの辛かった日々が今は嘘のようです。そして今でも欠かさず飲み続けています。夫婦共々本当にK・リゾレシチンに出会えて感謝しています。