Lypo TOSA糖鎖情報館

神津健一情報館を一新し、糖鎖やレシチン研究を中心に
予防医学や代替医療の最新情報をお届けします。

お問い合わせ
糖鎖情報館 > 体験談 > 5ヶ月間食べられず。機能性ディスペプシアからの回復

5ヶ月間食べられず。機能性ディスペプシアからの回復

カテゴリー:

体験談

5ヶ月間食べられず。機能性ディスペプシアからの回復  兵庫県・K様(70代・女性)

一年余り前より、胸焼け・胃痛・胃の膨張が続き、逆流性食道炎と診断され、薬を服用し続けましたが、症状は日に日に悪くなり食欲がなくなっていきました。
消化器内科に転院し、そこで機能性ディスペプシアと診断されました。ストレスによる様々な胃の不調です。カメラで撮っても胃の中は全く異常なしですが、胃が働かないのです。医師から「残念ながら、この病気に対応できる薬はありません」と言われ、がっかりしました。体重はどんどん減り、八キロ痩せました。

余りのつらさに持ち合わせていた精神安定剤を飲むと、翌朝より食事がとれるようになりました。一ヶ月間は薬の効用がありましたが、二ヶ月目から効果が薄れ、五ヶ月間飲んでも食欲は全くなくなり、もう死んでしまいたいと、死に方を考えるほどになりました。

7月半ば、ふと平成24年度に食べていたK・リゾレシチンのグミを思い出し、(グミで慢性うつ病に即効性があり、薬は最低限になった)すがる思いで、HBCフナトに電話をし、アルファベストと糖鎖栄養素を送っていただきました。このサプリは脳内サプリだから、私の病気には効果があるかどうかと思いつつ、二週間食べました。三週間目に入った十月二十二日、起床した時、胃も身体も軽く、しかもしっかりしていると実感しました。嬉しくなり、ずっと休んでいたハーモニカ教室に行き、練習後数人で喫茶店に行き、パンクリームシチューを美味しく食べました。固形物を食べたのは五ヶ月ぶりです。徐々に食事が摂れるようになり、十一月には三食が美味しく食べられるようになりました。「食欲のある喜び」を七二歳の人生で初めて味わいました。二年前に夫が亡くなり、寂しさと食欲のなさで打ちのめされていた私でしたが、不思議なことに食欲が出るに従って寂しさから解放されていきました。

心療内科の先生に、恐る恐る「サプリメントを飲み始めて元気になりました。精神安定剤も飲んでいません」と、K・リゾレシチンと糖鎖栄養素のパンフレットを見せ、報告しました。先生曰く、「薬でセロトニンは増えません。食物から十分なセロトニンを摂るのは不可能なので、このサプリは素晴らしいです。脳に良い栄養素が含まれています。精神安定剤を急に止めると、離脱症状が出る方が多いのですが、元気そうですね」と言われました。

このサプリメントに出会えた私はラッキーです。毎日が楽しくて、大好きなお料理を楽しんでいます。
十二月には、町内会の集いで四回ハーモニカを演奏しました。ある男性が「えらい元気にならはったなあ」とびっくりしていたそうです。