Lypo TOSA糖鎖情報館

神津健一情報館を一新し、糖鎖やレシチン研究を中心に
予防医学や代替医療の最新情報をお届けします。

お問い合わせ
糖鎖情報館 > 体験談 > 間質性肺炎が治った

間質性肺炎が治った

カテゴリー:

体験談

タグ:

体験談糖鎖

間質性肺炎が治った 神奈川県・N様(70代・女性)

昨年お正月明けのころ、夫の空咳が気になって、近くの総合病院で診察を受けました。間質性肺炎という診断。
怖くなって、神奈川県立循環器呼吸器系病院を受診し、専門医にかかりましたが、各種の詳しい検査の結果、やはり間質性肺炎。
長くて十年生きた人もいる、効く薬のない病気である、ことなどを宣告されました。

当時夫は81歳、すこぶる元気で、毎日一万歩は歩いていますし、息切れもしない、間質性肺炎の自覚は何もない、ただ時々空咳が出るだけ、という状態でした。
しかし血液検査値もはっきり間質性肺炎値、自覚はないものの、肺活量もかなり落ちていました。

さあ、死なせてなるものか、と家族一丸となって、いろいろ調べた結果、藁をもすがる想いで、貴社の糖鎖サプリメントを購入。
1日15袋飲み続けました。

3ヶ月後の定期検診では、すべての検査値が好転していました。
自信を持って、毎日15袋、糖鎖顆粒タイプを飲み続けました。

八月の定期検診では、肺活量は60歳の健康男性のそれとなり、検査値もすべて正常値に限りなく近づきました。

そして今年一月で丸一年経過して、すべての検査値が完全に正常値となりました。ほんとうに夢のようです。
有名人でも突発性間質性肺炎で亡くなっていらっしゃる方があるようです。美空ひばりさんもそのお一人のようです。

私、家内ですが、強度近視です。今も大学の講師を務め、毎日パソコンに向かって原稿を書いたりしていますので、目が疲れます。
眼底出血もしたりしています。それで私も1日2袋飲み始めて、目が疲れることは全くなくなりました。
気のせいか、記憶力も冴えてきたような気がして、よろこび自信を持って、「自惚れて」います。

間質性肺炎のもっとも重要な決め手となる検査値は、KL-6です。
それを、示します。

2015/2/12  1210H
2015/3/26   994H
2015/5/28   635H
2015/7/26   584H
2015/10/20   461H
2015/12/24   429H
2016/2/12   406H

このKL-6値は500以下が正常値ですが、ありがたいことに、貴社の糖鎖を飲用し始めてから、目に見えてドンドン好転しました。
そして、現在、400代です。主治医も微笑んで、良かったですね、珍しいタイプです、と。

感謝を込めてご報告いたします。