Lypo TOSA糖鎖情報館

神津健一情報館を一新し、糖鎖やレシチン研究を中心に
予防医学や代替医療の最新情報をお届けします。

お問い合わせ
糖鎖情報館 > 臨床試験報告 > 「リゾレシチンクリーム」のヒト皮膚一次刺激性試験結果報告書

「リゾレシチンクリーム」のヒト皮膚一次刺激性試験結果報告書

1、目的
本試験は、「K-リゾレシチンクリーム」がヒト皮膚に対して刺激があるか否かを検討した。

2、試験日
平成25年9月9日(月)~10日(火)(24時間貼付試験)

3、使用パッチテープ
皮膚感作用テープフィンチャンバー((株)大正製薬)

4、被験試料
1)「K-リゾレシチンクリーム」:原液
2)水(対照)

5、被験部位
右上腕内側部

6、被験者
33~58歳の男性10名、31~51歳の女性6名   合計16名

7、試験方法
フィンチャンバー付属のろ紙に被験試料を浸透させ、これをフィンチャンバーのアルミ部分の上に乗せて被験部位に貼付した。貼付24時間後、フィンチャンバーを剥がし、惹記した後に医師が下記判定基準に従って判定した。

判定基準

8、結果(表1参照)
本パッチテストの結果、「K-リゾレシチンクリーム」及び水(対照)では、剥離後で被験者全員刺激は認められなかった。

試験結果

9、結論
「K-リゾレシチンクリーム」の皮膚一次刺激性は極めて低いと考えられた。