Lypo TOSA糖鎖情報館

神津健一情報館を一新し、糖鎖やレシチン研究を中心に
予防医学や代替医療の最新情報をお届けします。

お問い合わせ
糖鎖情報館 > 臨床試験報告 > 「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取における脳波(α波)測定試験結果

「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取における脳波(α波)測定試験結果

カテゴリー:

臨床試験報告

「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取における脳波(α波)測定試験結果

被験者:

42歳 女性

被験部位:

頭部

試験条件:

室温25℃
湿度52%
試験開始1週間前から試験終了までは、一切のサプリメントの摂取を禁じた。

試験方法:

被験者は試験室入室後、試験室環境になれさせるために10分間安静にさせて測定を実施した。
摂取前の脳波(α波)を測定した後、被験試料を摂取(1包(5g))し、60分後に再度脳波を測定した。

測定機器:

SINAFIT 2500(NECメディカルシステムズ製)

結果:

「K・リゾレシチン生ゼリー」摂取によって、α波の顕著な発現が認められた。
K・リゾレシチン、ホスファチジルセリン、DHA、ナイアシンの脳内情報伝達物質を増幅させる相乗作用によりα波の発現が見られたと考えられる。
α波はリラックス下で発現し、集中力や記憶力を増強させるため、ストレス過多や思考力低下の予防効果が期待できる。